Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ミヤママンネングサ

ミヤママンネングサ (深山万年草)
Oxytropis japonica var. sericea
 高山の岩場や崩壊地もまた、海岸や山地の沢の岩上に似て、乾燥しやすい場所といえます。このような場所に進出したマンネングサの仲間がミヤママンネングサです。ただし、高山は真夏といえども気温の日較差が大きいため、晴れた日でも明け方には朝露がつくことが多く、空気中からの水分の供給がありうる点で、まだましかも知れません。南アルプスの北岳の大樺沢のようなところでは、上部から植物が流されることがあるのか、かなり下部までミヤママンネングサを見ることができます。
■撮影地別
 ○長野県仙丈ヶ岳
 ○長野県八ヶ岳

クローズアップ

群落
1996.8.24 長野県仙丈ヶ岳
          2006.8.1 長野県八ヶ岳    2006.8.1 長野県八ヶ岳
Before Plant   Next Plant