Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > マツノハマンネングサ

マツノハマンネングサ (松の葉万年草)
Sedum hakonense
 マツノハマンネングサは、富士山周辺から関東地方の南東部にかけての低山に分布し、ブナなどの大木に着生します。地表や岩場から樹上に生育環境を移したわけで、マンネングサの仲間でもかなり特殊な種類とされ、生えるのは霧が発生しやすく、安定的に水分が補給される環境に限られます。名前のとおり細長い葉を密につけ、他のマンネングサより全体に大型です。見上げるようなところでしか目にする機会がありませんが、このときは運よく、苔むした枝に群生するようすを真近で撮影できました。
■撮影地別
 ○山梨県


クローズアップ

■群落
2008.8.3 山梨県
           2008.8.3 山梨県   
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「マツノハマンネングサ」