Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ミヤマキスミレ

ミヤマキスミレ (深山黄菫)
Viola brevistipulata f. acuminata
 この日、白山スーパー林道が開通するという情報を聞いて、ドライブがてら、さっそく現地へと出かけてみました。高度を上げるにつれ、残雪の山々が間近にせまり、次第に早春の世界へと逆戻りとなりました。まだ芽吹きはじめの落葉樹の林床では、カタクリなどとともにミヤマキスミレがいくつも黄色の花を咲かせていました。ミヤマキスミレは亜高山帯や高山帯に生えるオオバキスミレの品種で、オオバキスミレでは一番下の葉がやや離れてつくのに対し、3枚の葉がほぼ輪生状となってつくのが特徴です。
■撮影地別
 ○石川県吉野谷村
 ○群馬県至仏山

■クローズアップ

群落
2002.6.1 石川県吉野谷村
             1993.7.19 群馬県至仏山
Before Plant   Next Plant