Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ミツバウツギ

ミツバウツギ (三つ葉空木)
Staphylea bumalda
 朝早く箱根を訪ねると、仙石原では満開となったミツバウツギが出迎えてくれました。ミツバウツギ科は日本には3種しか分布しませんが、このうちミツバウツギは北海道から九州まで広く分布し、山地で普通に見かける高さ3〜5mの落葉低木です。ミツバウツギの場合はウツギのように枝が中空になるということはなく、名前はおそらくウツギに似たふんいきの花をつけ、葉が3つずつつくことによるのでしょう。5〜6月に咲く直径1cmたらずの花は、花弁と萼のどちらも白く、一見、八重のように見えます。
■撮影地別
 ○神奈川県箱根


クローズアップ

■群落
2005.5.28 神奈川県箱根
          2005.5.28 神奈川県箱根
Before Plant   Next Plant