Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ミカワチャルメルソウ

ミカワチャルメルソウ (三河哨吶草)
Mitella furusei var. furusei
 ヒダボタン3種類の撮影後、帰り道でミカワチャルメルソウの自生地に立ち寄りました。トウノウネコノメを撮影したときに目にしていたのですが、そのときは早かったためつぼみばかり、今回は3度目の正直です。長靴で沢の中を進むと、ちょうど満開のミカワチャルメルソウが現れました。チャルメルソウの変種で、葉に柄があり、花弁がより細かく、羽毛状に7〜11裂するのが母種とのちがいです。愛知県東部の旧国名が示すとおり、愛知県を中心に分布し、岐阜・長野・静岡県の3県からも知られています。
■撮影地別
 ○愛知県瀬戸市


クローズアップ

■群落
2012.4.22 愛知県瀬戸市
       2012.4.22 愛知県瀬戸市
Before Plant   Next Plant