Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物 > マユミ

マユミ (真弓)
Euonymus sieboldianus
 マユミはその名前からも分かるように、古くから弓の材料として用いられてきました。高さ3〜5mほどになり、幹は緻密で折れにくく、よくしなるためです。花は同属のツリバナとちがい、新しく伸びた枝の下のほうにつく花柄は短く、花のサイズも直径1cmと小さいので、ぶら下がって咲くようなスタイルにはなりません。果実は熟すと割れて、中から赤い種子が飛び出すところは、マユミのほか、マサキニシキギなどこの仲間に共通する特徴です。
■撮影地別
 ○神奈川県箱根


クローズアップ

■群落
2016.6.12 神奈川県箱根
2016.6.12 神奈川県箱根
Before Plant   Next Plant