Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > クロヅル

クロヅル (黒蔓)
Tripterygium regelii
 新潟県側から飯豊山地へ向かうルートは、ピークをいくつも越えながら松の足尾根を進んでいき、コメツツジホツツジリョウブ、そしてクロヅルなどの白い花が登山道をいろどります。クロヅルは深山に生えるつる性の落葉樹で、東北〜北陸地方の日本海側と紀伊半島、四国、九州にかけて分布します。直径1cmほどの小さな花を円錐花序に咲かせ、夏〜秋にはうすっぺらい翼のある果実を鈴なりにつけます。花のほか、果実や枝も黒くはないのに、どうして「黒」ヅルなのか、どうにも見当がつきません。
■撮影地別
 ○新潟県飯豊山地


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2009.8.8 新潟県飯豊山地