Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > コメツツジ

コメツツジ (米躑躅)
Rhododendron tschonoskii
 鳩待峠から至仏山を目指すコースは、山頂までの距離は長いものの、標高差が少ないため登りやすく、また植物の生育環境も多彩なため、植物観察しながらの登山に向いています。中腹のオヤマ沢田代を過ぎて見晴らしのよい道を進んでいくと、やがて赤茶けた蛇紋岩の岩場が現れます。コメツツジはこのあたりに多い植物で、白い小さな花をつけるため、目立つものの多いツツジの仲間の中では地味な方ですが、それでも満開の時期にはまるで枝に雪が積もったように白くなり、なかなか魅力的です。
■撮影地別
 ○群馬県至仏山
 ○群馬県三国山

クローズアップ

■群落
1995.8.5 群馬県至仏山
              2003.8.24 群馬県三国山
Before Plant   Next Plant