Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > クマイチゴ

クマイチゴ (熊苺)
Rubus crataegifolius
 キイチゴの仲間は、バラと同じくトゲをつけるものが多いので、生えているところをむりに通ろうとすると、痛い目にあいかねません。撮影しているときも、不用意にさわってとげが刺さらないよう気をつける必要があります。クマイチゴは、山地の日当たりのよいところに生える高さ1〜2mのキイチゴで、名前はクマが好んで食べることからついたものといいます。ただ、じっさいはモミジイチゴあたりに比べると味は劣っています。花の直径は1〜1.5cmと小さめで、花弁はほっそりとして地味な印象です。
■撮影地別
 ○山梨県三ツ峠山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2009.6.7 山梨県三ツ峠山