Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > コモウセンゴケ

コモウセンゴケ (小毛氈苔)
Dosera spathulata
 コモウセンゴケは宮城県から南西諸島まで、太平洋側を中心に広く分布するものの、モウセンゴケのように高原の湿地では見かけず、わたしの記憶にあるのは成東など、標高の低いところばかりです。コモウセンゴケの葉は、モウセンゴケとちがって葉柄がはっきりとせず、しゃもじのようなかたちになることで、花が咲いていなくてもすぐにそれとわかります。ピンク色の花をつけるところも、モウセンゴケとの区別点となりますが、このときは昼前に現地に着いたせいか、花はもう閉じはじめていました。
■撮影地別
 ○千葉県山武市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2008.8.9 千葉県山武市