Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > コミヤマキンポウゲ

コミヤマキンポウゲ (小深山金鳳花)
Ranunculus acris ssp. nipponicus
f. yuparensis
 ミヤマキンポウゲの品種にコミヤマキンポウゲというのがあるのは、「日本の高山植物」(山と渓谷社)で知っていましたが、じっさいに本物を見てみると、たしかに全体に小さくてまさに名前のとおりでした。品種名からもわかるように、夕張岳で見いだされたものです。一方で、ミヤマキンポウゲが環境条件の影響を受けて生育状態がよくないだけの「生態型」であり、遺伝的な違いではないとして、区別しない考え方もあります。母種のように群生はせず、登山道沿いの礫地にぽつぽつと生えていました。
■撮影地別
 ○北海道夕張岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2006.7.8 北海道夕張岳