Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > コブシ

コブシ (辛夷)
Magnolia kobus
 モクレン科を代表するモクレンは、庭木として広く利用されますが、中国原産で日本には自生しません。自生種でポピュラーなのがコブシで、北海道〜九州に分布し、平地から低山にかけての落葉樹林で見ることができます。高さ15mになる高木で、葉を広げるまえに枝先に白い花をめいっぱいつけるため、遠くからでもすぐにそれとわかります。その名は数個まとまってつく果実が握りこぶしを思わせることからつきました。写真は箱根を移動中に箱根新道の手前で見つけ、車越しに撮影したものです。
■撮影地別
 ○神奈川県箱根町


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2011.5.1 神奈川県箱根町