Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > コバノミミナグサ

コバノミミナグサ (小葉の耳菜草)
Cerastium furcatum var. ibukiense
 コバノミミナグサは長く伊吹山だけから知られていましたが、最近になって山口県にも分布することがわかりました。新産地も石灰岩地とのことで、この植物が石灰岩地を好むことがわかります。5〜6月に咲く白い花は直径1cmほどもあってミミナグサよりもずっと大きく、むしろ、高山植物のクモマミミナグサあたりを連想させます。高さは30cmとけっこう大きくなるわりには、名前のとおり葉は小さめで、山頂付近では風が強いことも影響するのか、寄りかかるようにして生えているものもあります。
■撮影地別
 ○滋賀県伊吹山


クローズアップ

■群落
2005.6.25 滋賀県伊吹山
        2005.6.25 滋賀県伊吹山   
Before Plant   Next Plant