Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > コバノフユイチゴ

コバノフユイチゴ (小葉冬苺)
Rubus pectinellus
 コバノフユイチゴを初めて見たのは尾瀬でした。丸っこい常緑の葉が特徴的で、すぐにそうわかったものの、花はすでに終わり、果実にはまだ早く、カメラを向けることはありませんでした。今回撮影したのは木曽の山中、フユイチゴとちがって寒冷地の深山を主な生育域とする種類です。雨あがりで花弁はきれいに開いていませんでしたが、5弁の花は直径2cmほど、咲くのは5〜6月で、冬ではありません。一見すると草本に見えるものの、キイチゴらしくとげがあり、枝は木質化しています。
■撮影地別
 ○神奈川県箱根


クローズアップ

■群落
2016.6.12 神奈川県箱根
2016.6.12 神奈川県箱根
Before Plant   Next Plant