Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > フユイチゴ

フユイチゴ (冬苺)
Rubus buergeri
 フユイチゴはキイチゴとしては変わった種類で、他のキイチゴのように立ち上がらず、樹林下を地表を這って広がります。木本か草本かといえば、茎は木質化して冬も枯れないので、木本とみてよいのでしょうが、つるなので普通の「木」のイメージからかけ離れています。光沢のある楕円形の葉は冬でも枯れず残り、初冬に成熟する果実とあわせ、その名前の由来となっているものと思われます。花は9〜10月に咲き、直径は1.5cmほどありますが、暗い樹林下とあってはあまり目立ちません。
■撮影地別
 ○静岡県下田市
 ○静岡県静岡市

クローズアップ

■群落
2007.11.8 静岡県下田市
2009.9.6 静岡県静岡市   
Before Plant   Next Plant