Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ケヤマハンノキ

ケヤマハンノキ (毛山榛の木)
Alnus hirsuta
 この日、ヤビツ峠から秦野に下る県道ぞいで目をひいたのがケヤマハンノキでした。ハンノキもカバノキと同じく、早春に咲く花は地味な部類ですが、ケヤマハンノキの雄花序は7〜9cmと長く、赤茶色なので例外的によくめだちます。ケヤマハンノキは全国に分布する高さ10〜20mの高木で、変種のヤマハンノキよりも全体に毛が多いのですが、丹沢ではヤマハンノキは少なく、ケヤマハンノキがほとんどといいます。土止めに道路の法面に植えられることも多く、写真も真の自生ではないかもしれません。
■撮影地別
 ○神奈川県丹沢


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2013.3.10 神奈川県丹沢