Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > カラクサガラシ

カラクサガラシ (唐草芥子)
Lepidium didymum
 造成されたばかりの住宅分譲地では、はやくもさまざまな雑草がのびはじめていました。コメツブツメクサコマツヨイグサにまじって、このあたりでは見なれないアブラナ科の植物があります。細かく切れこんだ葉や、はって広がるようすから、カラクサガラシとわかりました。ヨーロッパ原産の越年草で、牧草の種子に混ざって入りこむのか、これを食べた乳牛からとった牛乳は、臭いがついて商品価値がなくなるため、酪農家には嫌われます。名前は、その草姿から唐草模様を連想したものかもしれません。
■撮影地別
 ○神奈川県藤沢市


クローズアップ

■群落
2009.4.3 神奈川県藤沢市
        2009.4.3 神奈川県藤沢市   
Before Plant   Next Plant