Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > カラフトマンテマ

カラフトマンテマ (樺太マンテマ)
Sirene repens var. repens
 樺太(サハリン)をはじめとして北半球の高山・寒地に分布するカラフトマンテマですが、最南端の北海道では、わずかに礼文島と大平山から知られるだけです。10〜40cmの草丈のわりには大きな花をつけ、樽かラグビーボールを思わせる萼筒が印象的です。この萼筒は5枚の萼がくっついて筒状になったもので、カラフトマンテマでは長さ1cmほどになります。このときの大平山では、カラフトマンテマは花のピークを過ぎていましたが、石灰岩の露頭に咲いた残り花をカメラにおさめることができました。
■撮影地別
 ○北海道大平山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2013.8.4 北海道大平山