Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > アポイマンテマ

アポイマンテマ 
Silene repens var. apoiensis
 アポイマンテマはカラフトマンテマの変種で、多く知られるアポイ岳の固有種の1つです。以前、7月上旬にアポイ岳を訪ねたときは、まだつぼみばかりで撮影はかないませんでしたが、今回は8月上旬とあってちょうど満開、萼筒がめだつ特徴のある花を広げていました。母種にくらべると植物体全体がやや小さめで毛が生えない一方、紫色がかっているのが特徴で、なかには葉まで紫色に染まったものもあります。萼筒の紫色も濃く、花弁は白が普通ですが、ピンク色のものも見られました。
■撮影地別
 ○北海道アポイ岳
 ○北海道アポイ岳(淡桃色花)

クローズアップ

■群落
2013.8.3 北海道アポイ岳
      2013.8.3 北海道アポイ岳 2013.8.3 北海道アポイ岳
Before Plant   Next Plant