Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > カマヤリソウ

カマヤリソウ (鎌槍草)
Thesium refractum
 アポイ岳の山頂近くの岩場を歩いていたところ、足もとに咲くカマヤリソウが目に入りました。北海道と東北の栗駒山から知られ、山地の草地に生える半寄生性の多年草です。直径5mmほどの白い星形の小さな花はナデシコ科を連想させますが、じつはビャクダン科の植物で、そのなかでは数少ない草本です。その名前は、茎にカーブのかかった細い葉がついたようすを、穂先に横向きの刃がついた「鎌槍」に例えたもので、戦国武将の加藤清正が持っている槍をイメージすればよいでしょう。
■撮影地別
 ○北海道アポイ岳


クローズアップ

■群落
2008.5.25 北海道アポイ岳
        2008.5.25 北海道アポイ岳   
Before Plant   Next Plant