Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > エビガライチゴ

エビガライチゴ (海老殻苺)
Rubus phoenicolasius
 キイチゴは似ているものが多く、区別がむずかしい場合もありますが、エビガライチゴは遠くでもすぐにそれとわかる種類の1つです。全体に赤っぽく見えるのは、茎や花柄、そして萼まで赤茶色の長い毛が密生しているからで、これをエビの外殻にたとえた名前がついているのもうなずけます。派手な色合いとは対照的に、花は直径1cmと小さく、花弁も外側に広がりません。キイチゴ属には、このようなしょぼくれた感じの花をつけるものがいくつか知られ、ナワシロイチゴヒメゴヨウイチゴなどもそうです。
■撮影地別
 ○群馬県みなかみ町


クローズアップ

■群落
2007.7.7 群馬県みなかみ町
        2007.7.7 群馬県みなかみ町
Before Plant   Next Plant