Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > フチゲオオバキスミレ

フチゲオオバキスミレ (縁毛大葉黄菫)
Viola brevistipulata var. ciliata
 種内変異の多いオオバキスミレ類のなかで、北海道南西部〜東北地方太平洋側を分布域とする変種がフチゲオオバキスミレです。オオバキスミレは日本海側の多雪地に本拠があり、やや湿りけのあるところで一面に広がるのに対し、フチゲオオバキスミレは太平洋側の乾きぎみの林床をすみかとし、根茎をださないため、群生はしません。葉のふちに短毛が生えることや、つぼみや花弁の裏側が紅紫色になるのが外見上の特徴で、見たかぎりではオオバキスミレより小型のものが多いように感じました。
■撮影地別
 ○福島県南相馬市
 ○福島県南相馬市(葉縁の毛)

クローズアップ

■群落
2012.4.30 福島県南相馬市
            2012.4.30 福島県南相馬市 2012.4.30 福島県南相馬市
Before Plant   Next Plant