Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ホソバノキリンソウ

ホソバノキリンソウ (細葉の麒麟草)
Sedum aizoon
 北海道から本州中部にかけての山地には、キリンソウによく似たホソバノキリンソウが分布します。草地や林縁に生えることが多く、キリンソウとちがって岩場ではあまり見られないようです。茎は直立し、葉はキリンソウよりも細めで、鋸歯が葉の真ん中あたりまでしかないキリンソウに対し、つけね近くまであることが特徴となっていますが、その存在を知らないと、キリンソウと思って見のがしてしまいそうです。大菩薩峠では稜線の草地でウスユキソウとともに花をつけていました。
■撮影地別
 ○山梨県大菩薩峠
 ○長野県八ヶ岳

クローズアップ

■群落
1999.7.31  山梨県大菩薩峠
        2007.8.19 長野県八ヶ岳   
Before Plant   Next Plant