Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ホシザクラ

ホシザクラ (星桜)
Cerasus tamaclivorum
 ホシザクラは2004年に報告された新種のサクラです。このサクラのもっともはっきりとした特徴は、三角形の5枚の萼片が規則正しくならんで赤い星のように見えることで、その名の由来にもなっています。染色体数は2n=24の3倍体でめったに果実はつかず、もっぱら根からの不定芽で繁殖しています。このようなことから、ホシザクラはマメザクラとエドヒガンの雑種起源と推定されています。東京都下の多摩丘陵に固有のサクラですが、宅地開発により残存個体数は100以下に減少しているといいます。
■撮影地別
 ○東京都町田市


クローズアップ

■群落
2010.3.28 東京都町田市
       2010.3.28 東京都町田市 2010.3.28 東京都町田市
Before Plant   Next Plant