Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ホロムイイチゴ

ホロムイイチゴ (幌向苺)
Rubus chamaemorus
 稚内空港のすぐ近くにあるメグマ沼を散策していたところ、木道ぞいの湿ったところに見なれないキイチゴが白い花を咲かせているのに出会いました。大きな幅広の葉は特徴的で、ホロムイイチゴとわかりました。ナワシロイチゴやゴヨウイチゴなど、キイチゴには湿地を好む種類がありますが、ホロムイイチゴもそんなものの一つで、茎を地面にそってはわせ、一面に広がります。カタカナでは名前の由来の見当がつきませんが、岩見沢市の幌向町で発見されたことに由来する名前です。
■撮影地別
 ○北海道礼文島


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.6.18 北海道礼文島