Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ホナガイヌビユ

ホナガイヌビユ (穂長犬びゆ)
Amaranthus viridis
 田畑の周辺は、耕作やほ場の維持管理により日常的に土壌が攪乱されるほか、外から土やたい肥が入れられたり、外国で増殖した種子が播かれたりすることもあって、帰化植物が多い環境といえます。稲穂がわずかに顔を出しはじめた水田わきでは、ホナガイヌビユをいくつも見かけました。熱帯アメリカ原産の帰化植物で、今ではイヌビユよりも目にする機会が多くなっています。イヌビユとちがって葉の先がへこまないことや、花穂は長く、茎頂だけでなく葉のつけねからも花穂をのばすのが特徴です。
■撮影地別
 ○神奈川県横浜市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2006.8.26 神奈川県鎌倉市