Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ホコバスミレ

ホコバスミレ (鉾葉菫)
Viola mandshurica var. ikedaena
 鉢伏高原に分布するスミレ(種)は、数が多いだけでなく、シロガネスミレに近い淡色の個体も散見されるなど、遺伝的な面でも多様性に富んでいるのが特徴です。この日、スミレの変種で花後に葉が鉾型となるホコバスミレを探してみたところ、それらしきものを見つけることができました。しばらく未確定でしたが、最近復刊された「原色日本のスミレ」(誠文堂新光社)の「花時の葉身は長さ1〜3cm、幅4〜5mmで小さくて細長く」との記述や図からホコバスミレと判断して、今回掲載することとしました。
■撮影地別
 ○兵庫県鉢伏高原
 ○長崎県長崎市

クローズアップ

■群落
2002.5.26 兵庫県鉢伏高原
2017.4.9 長崎県長崎市 2017.4.9 長崎県長崎市
Before Plant   Next Plant