Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヒルザキツキミソウ

ヒルザキツキミソウ (昼咲月見草)
Oenothera speciosa
 マツヨイグサの仲間は黄色の花をつけるものが多いのですが、その中にあって薄桃色の花を咲かせるのがヒルザキツキミソウです。マツヨイグサは夕方に開花し、翌日の午前中にはしおれる夜咲きの花ですが、ヒルザキツキミソウの開花時間は日中で、この点からも他のマツヨイグサとはやや遠縁という印象を受けます。もともとは観賞用に導入された植物で、花壇に植えられているのをよく見かけますが、栽培されたものが逸出して道ばたなどでもときおり群生しています。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市
 ○愛知県豊橋市

クローズアップ

■群落
2003.5.25 神奈川県鎌倉市
        2009.5.15 愛知県豊橋市   
Before Plant   Next Plant