Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヒレタゴボウ

ヒレタゴボウ (鰭田牛蒡)
Ludwigia decurrens
 児島湖の近くにある水田まわりを散策していたとき、休耕田で黄色い花が咲いているのが目に入りました。「ああこれが「秋の野草」(山と渓谷社)に載っていたヒレタゴボウか」と納得しましたが、関東地方では見たことがなかっただけに、みごとな群生にびっくりさせられました。熱帯アメリカ原産の帰化植物で、高さ1m近くなります。花の直径は3cmもあって、近縁でタゴボウ(田牛蒡)という別名を持つチョウジタデよりずっと大きいサイズです。茎に稜があることから、これをヒレにたとえてついた名前でしょう。
■撮影地別
 ○岡山県岡山市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1995.9.7 岡山県岡山市