Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヒメスイバ

ヒメスイバ (姫酸葉)
Rumex acetosella
 北海道の農村地帯を歩くと、空き地や牧草地わきなどでちょっと変わったスイバが群生しているのをよく見かけます。遠目にはスイバに似ているのですが、高さは20〜50cmくらいとずっと小さく、葉は細めでつけねのほうが鉾形にはりだしています。これがヒメスイバで、ユーラシア原産の帰化植物といい、明治のころから知られていますが、今では全国で普通に見られるようになっており、北海道では農作業や牧草の種子の散布とともに広がるのか、とりわけ数が多いようです。
■撮影地別
 ○北海道新冠町


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2008.5.25 北海道新冠町