Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ギシギシ

ギシギシ (羊蹄)
Rumex japonicus
 ギシギシは水田のあぜや道路の法面などの湿りけのある草地に生える植物で、茎の先端に長い花穂をつけ、花弁のない小さな花を咲かせます。高さは1mほどになり、背の高い草の少ない春の野原ではよくめだちます。花後はカメムシのような角ばったかたちの果実を多数鈴なりにつけます。果実の真ん中はもりあがって赤くなり、その中には種子が入っています。鎌倉市内に残された水田では、休耕田のあぜにそってギシギシがいくつもならんで咲いていました。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.4.29 神奈川県鎌倉市