Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヒメマツバボタン

ヒメマツバボタン (姫松葉牡丹)
Portulaca pilosa
 海岸ぞいに広がる隆起珊瑚礁の岩場には、奄美諸島ならではの植物が数多く生えていました。カメラを持ってうろうろしていると、紅紫色の小さな花をつけた多肉植物が目に入り、近づいてみるとヒメマツバボタンとわかりました。撮影したあとで気づいたのですが、よく考えればヒメマツバボタンは帰化植物なのです。それほどに自然なかんじで岩にはりついていました。熱帯アメリカの原産で、スベリヒユと同属の植物です。1年草とはいえ、温暖なこの地域では、1年中、花をつけているのかもしれません。
■撮影地別
 ○鹿児島県徳之島


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2007.8.9 鹿児島県徳之島