Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ハンゲショウ

ハンゲショウ (半夏生)
Saururus chinensis
 ケイワタバコの咲きぐあいを見にでかけた鎌倉市内の公園で、大きな葉をつけた高さ1mほどの植物が群生しているのに気づきました。近づくとドクダミのようなにおいがして、ハンゲショウとわかりました。花が咲いたのはそれから1ヶ月後、前回はまだ緑色だった茎の先端部の葉は先のほうが白く色づき、そのつけねではしっぽのような花が咲きはじめていました。その名前は暦でいう「半夏生」(夏至から11日目)のころに咲くことからついたといい、くわしい考察がHP「石川の植物」に紹介されています。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市


クローズアップ

群落
2008.7.6 神奈川県鎌倉市
        2008.7.6 神奈川県鎌倉市
Before Plant   Next Plant        2008.7.6 神奈川県鎌倉市