Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ハナチダケサシ

ハナチダケサシ (花乳茸刺)
Astilbe formosa
 ハナチダケサシの花序はチダケサシよりも豪華な印象を受けます。1つ1つの花はどちらも直径1cmほどと小さいですが、ハナチダケサシの方が花数が多く、より密につくのでしょう。この仲間は似たようなものが各地に分布しますが、ハナチダケサシは本州中部だけから知られており、チダケサシよりも山深いところを好むらしく、真夏に高山に登るとよく目にする種類です。八ヶ岳では、美濃戸から北コースの林道を進むと、満開となったハナチダケサシがそこここで見られました。
■撮影地別
 ○長野県八ヶ岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2006.8.1 長野県八ヶ岳