Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ハクセンナズナ

ハクセンナズナ (白鮮薺)
Macropodium pterospermum
 高山に生えるアブラナ科の植物の中でも、特にかわっているのがハクセンナズナです。花序には紫褐色の細長い花弁をつけた花が多数つき、イネ科の植物の花穂を思わせます。生える環境も特殊で、遅くまで雪が残る岩かげなどで見られます。本州中部の高山では木曽駒ヶ岳のほか仙丈岳などでも見たことがありますが、どちらかといえばまれな植物といえます。この写真のハクセンナズナは、まわりの岩からみて「野の植物誌、山の植物誌」(山と渓谷社)の写真と同じ場所で撮影されたもののようです。
■撮影地別
 ○長野県木曽駒ヶ岳
 ○長野県仙丈ヶ岳

クローズアップ

■群落
1999.8.8 長野県木曽駒ヶ岳
        2000.7.30 長野県仙丈ヶ岳   
Before Plant   Next Plant