Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ハマダイコン

ハマダイコン (浜大根)
Raphanus sativus var. hortensis
f. raphanistroides
 ハマダイコンは海岸の草地を主なすみかとする植物で、園芸植物のダイコンが逸出して野生化したものという説と、そうではなく、もともと日本に自生していたという説があります。川にそって河川敷などにもひろがっているほか、海岸からの土砂の採取によるものか、かなり内陸まで進出することがあり、たとえば皇居のお濠の斜面では、真っ白のじゅうたんを敷きつめたように群生するハマダイコンが見られるほどです。花の色はアブラナ属とは異なって白く、先端はわずかに紅紫色に色づきます。
■撮影地別
 ○神奈川県横須賀市
 ○東京都千代田区

クローズアップ

■群落
2000.4 神奈川県横須賀市
        2004.4.7 東京都千代田区   
Before Plant   Next Plant