Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ハゴロモグサ

ハゴロモグサ (羽衣草)
Alchemilla japonica
 バラ科の高山植物は花がよくめだつものが多いのですが、ハゴロモグサの花は小さいうえに花弁もなく例外といえそうです。岩まじりの湿った草地に生え、たいていは小群落となっています。めだつのは花よりもむしろ葉で、指の太い手袋のようなかたちをしており、子供の手のひらほどの大きさがあります。以前、花屋でハゴロモグサにそっくりの花を見つけ、調べてみたところ、ヨーロッパ原産の近縁種がアルケミラという名前で切り花やグラウンドカバーに利用されているとのことです。
■撮影地別
 ○山梨県北岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.7.4 神奈川県北岳