Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > フジアカショウマ

フジアカショウマ (富士赤升麻)
Astilbe thunbergii var. congesta
 フジアカショウマはフォッサマグナ要素の植物とされ、その南側に当たる神奈川県、山梨県、静岡県を分布域とします。高さは20〜30cmとアカショウマの半分ほどしかなく、とくに風の強い岩場や草原に生えるものは小型化しています。写真は山頂から下った林縁に生えていたものでやや大きめですが、赤みがかった茎や光沢のある葉はフジアカショウマの特徴が現れています。赤っぽい花はアカショウマと共通しており、その名の由来でもありますが、フジアカショウマではその傾向がとくに顕著です。
■撮影地別
 ○神奈川県箱根


クローズアップ

■群落
2007.8.12 神奈川県箱根
         2007.8.12 神奈川県箱根
Before Plant   Next Plant