Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > エゾノタチツボスミレ

エゾノタチツボスミレ  (蝦夷の立坪菫)
Viola acuminata
 有茎種のスミレにエゾノタチツボスミレの仲間があります。エゾノタチツボスミレは草丈は高く30cmほどになりますが、そのわりには小さな花をつけるのが特徴です。日本では北海道から本州中部にかけてと西日本の一部に隔離的に分布し、本州中部では八ヶ岳周辺の高原など、涼しいところの林床や林縁でみることができます。その本拠地は大陸にあり、日本はその分布の東南端にあたります。6月上旬、松本市郊外の林道周辺のカラマツ林では、エゾノタチツボスミレが一面に咲いていました。
■撮影地別
 ○長野県松本市


クローズアップ

■群落
2003.6.8 長野県松本市
          2003.6.8 長野県松本市
Before Plant   Next Plant