Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > エンシュウツリフネ

エンシュウツリフネ (遠州釣舟)
Impatiens hypophylla
var. microhypophylla
 エンシュウツリフネはハガクレツリフネの変種で、葉にかくれるように花をつけるところは母種と変わりませんが、その大きさは一回り小さいのが特徴です。母種が四国や九州に分布するのに対し、エンシュウツリフネはなぜか遠くはなれた愛知県、静岡県、長野県から知られています。名前の「遠州」は静岡県の西部を指す旧国名ですが、残念なことに静岡県ではほとんど見られないといいます。愛知・長野県境あたりでは、ツリフネソウキツリフネに混じって咲くエンシュウツリフネが見つかりました。
■撮影地別
 ○長野県


クローズアップ

■群落
2009.9.21 長野県
           2009.9.21 長野県   
Before Plant   Next Plant