Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > チョウノスケソウ

チョウノスケソウ (長ノ助草)
Dryas octopetala var. asiatica
 北極を取り巻く大陸や島に分布する植物の一つにキョクチチョウノスケソウがあります。チョウノスケソウはその変種で、北海道のほか本州中部の高山に分布し、南アルプスの北岳、中央アルプスの宝剣岳、八ヶ岳など、標高が高く岩場が続く山に多い矮性低木です。クリーム色がかった8枚の白い花弁が特徴で、学名の種小名も8枚の花弁を意味するものです。また、小判のようなかたちの葉をみると、表側が濃緑色なのに対して裏側は毛が密生して真っ白で、そのとりあわせも特徴の一つです。
■撮影地別
 ○長野県八ヶ岳


クローズアップ

■群落
1996.7.13 長野県八ヶ岳
        2012.7.16 長野県八ヶ岳   
Before Plant   Next Plant