Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ボントクタデ

ボントクタデ
Polygonum pubescens
 水稲が黄色く色づきはじめた水田を散策していたところ、あぜではボントクタデが赤い小さな花を咲かせていました。花序には薄紅色の小さな花をまばらにつけ、その先端はたれさがります。よく似たヤナギタデとは、花序が赤く見えることで見当がつくほか、葉の真ん中が黒っぽくなるのも特徴です。高さは60〜100cmとこの仲間としては中くらい、他の田に生えるタデと同じく1年草です。名前は「牧野新日本植物図鑑」によると、愚鈍者を「ポンツク」と呼んだことに由来し、食べられないことからついた名です。
■撮影地別
 ○神奈川県横浜市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2006.10.1 神奈川県横浜市