Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ベンケイソウ

ベンケイソウ (弁慶草)
Sedum erythrostictum
 ベンケイソウの葉は多肉質で保水力が強く、抜いても枯れにくいため、この生命力を武蔵坊弁慶に例えてこの名前があります。ベンケイソウ科の植物は特殊な光合成のしくみを持ち、CAM植物と呼ばれます。通常、光合成は昼間に気孔を開いて二酸化炭素を吸収して行いますが、高温・乾燥下では水分の蒸散が著しく、気孔を開けると枯れかねません。この仲間は夜に気孔を開けて二酸化炭素をとりこみ、昼間は閉じて葉にためこんだ二酸化炭素をもとに光合成を行うことで、この問題を解決しています。
■撮影地別
 ○長野県霧ヶ峰


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1994.9.4 長野県霧ヶ峰