Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > バイカオウレン

バイカオウレン (梅花黄蓮)
Coptis quinquefolia
 日本のオウレン属の中では、小さな花をたくさんつけるオウレンはどちらかといえば例外といえ、他の種はいずれもずっと大きな花を一つずつつけるものばかりです。バイカオウレンもその一つで、花はミツバオウレンよりさらに大きく直径1.5cmほどあります。カタカナで「バイカ」とついていてもなんのことやらわかりませんが、「梅花」と書けば花を白梅にたとえたものとすぐに納得できます。GWに木曽駒高原から木曽駒ヶ岳にむかう登山道を散策していると、バイカオウレンが咲きはじめていました。
■撮影地別
 ○長野県木曽福島町
 ○長野県三伏峠

クローズアップ

群落
1992.5.5 長野県木曽福島町
         2010.6.6 長野県三伏峠    2010.6.6 長野県三伏峠
Before Plant   Next Plant