Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ミツバオウレン

ミツバオウレン (三つ葉黄蓮)
Coptis trifolia
 ミツバオウレンは、近縁のオウレンが人家周辺にも生えるのに対し、亜高山帯の針葉樹林下や湿原に生えることが多い植物です。また、オウレンは一つの花茎に多数の花をつけますが、ミツバオウレンはオウレンよりもずっと大きな花を一つだけつけることも特徴です。一方、花後に伸びる矢車状の果実はよく似ており、オウレンの仲間であることがわかります。この日、栂池平から白馬岳へ向かう登山道でみたミツバオウレンは、高度を上げるにつれ、ちょうど満開から咲きはじめに変わっていきました。
■撮影地別
 ○長野県白馬岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2002.7.13 長野県白馬岳