Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > アズマシロカネソウ

アズマシロカネソウ (東白金草)
Dichocarpum nipponicum
 アズマシロカネソウも金沢に暮らしているときに初めて見た植物の一つです。「アズマ」とつきますが、関東地方にはなく日本海側の低山に分布します。MIZUAOIさんにいただいた情報をもとに自生地を訪ねると、沢の岩壁にはりつくように群生するアズマシロカネソウを見つけることができました。花はイメージしていたよりも小さめで、花弁のように見える萼片の外側が紫がかっているのが印象的でした。葉は薄く明るい緑色で、いかにも湿りけのある場所に生える植物らしく、全体にやわらかな印象でした。
■撮影地別
 ○石川県金沢市


クローズアップ

■群落
2001.4.14 石川県金沢市
          2001.4.14 石川県金沢市
Before Plant   Next Plant            “特選”Photo Gallery「アズマシロカネソウ」