Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > アツバスミレ

アツバスミレ (厚葉菫)
Viola mandshurica var. boninensis
 アツバスミレは、太平洋側の海岸近くの草地や岩場に生えるスミレの海岸型で、典型的なものは葉が楕円形になるのが特徴ですが、内陸寄りでは写真のような光沢のあるへら形の葉となり、スミレに近い形態となります。同じく海岸に生え、日本海側に分布するアナマスミレのように葉が内側に巻きむことは少ないようです。伊豆半島の東部にある城ヶ崎海岸では、ハイキングコースで見られるアツバスミレはへら形の葉をつけるものが多く、礫浜に下りると楕円形の葉のものもあらわれます。
■撮影地別
 ○静岡県城ヶ崎


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1995.4.23 静岡県城ヶ崎