Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > アキノミチヤナギ

アキノミチヤナギ (秋の道柳)
Polygonum polyneuron
 天神島を散策していたところ、いっぷうかわったミチヤナギが生えているのに気づきました。草丈が高くて全体にひょろっとしており、また、葉は細長くて白っぽく、ふだん見かけるミチヤナギとは印象が異なります。帰宅後、図鑑で確認してアキノミチヤナギとわかりました。北海道から九州まで分布し、海岸に生えるミチヤナギの仲間で、高さは50cmほどになります。ミチヤナギは他のタデ属の植物と異なって花穂にならず、花は節に2〜3個ずつつくのが特徴で、ミチヤナギ属とされることもあります。
■撮影地別
 ○神奈川県横須賀市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.9.5 神奈川県横須賀市