Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヤマルリソウ

ヤマルリソウ (山瑠璃草)
Omphalodes japonica
 早春に高尾山や丹沢を散策すると、小川の岸のしめった斜面や登山道の法面で、淡いブルーの花をつけたヤマルリソウを見つけることができます。四方にひろがる花茎はあまり立ち上がりませんが、花は直径1cmもあって大きく、密に花をつけるのでよくめだちます。花はさかりを過ぎるとピンクに変わる性質があるようです。この仲間には、花の中心にあって小さな丸いリングのように見える鱗片が白いものと黄色いものがあり、ヤマルリソウの場合はハナイバナと同様、白い鱗片をつけるものの一つです。
■撮影地別
 ○東京都高尾山
 ○神奈川県葉山町

クローズアップ

群落
1999.4.27 東京都高尾山
           2013.3.23 神奈川県葉山町 2007.3.31 東京都高尾山
Before Plant   Next Plant