Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ウルップソウ

ウルップソウ (得撫草)
Lagotis glauca
 ウルップソウはまだ夏山シーズンが本番となる前の7月、砂や礫がつみかさなった高山の風衝地で、長い花穂をのばしてたくさんの青紫色の花を咲かせます。日本では本州の白馬岳と八ヶ岳、北海道の礼文島に特産し、太平洋にそって広く北アメリカまで分布しますが、なぜか北海道の高山にはなく、入れかわるようにしてホソバウルップソウが分布します。従来はゴマノハグサ科に含まれていたウルップソウの仲間ですが、最近では独立させてウルップソウ科とする意見が主流となっています。
■撮影地別
 ○長野県白馬岳
 ○長野県白馬岳(淡色花)

クローズアップ

■群落
2008.7.5 長野県白馬岳
             2008.7.5 長野県白馬岳 2008.7.5 長野県白馬岳
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「ウルップソウ」